困っているなら交通事故被害者サポートネットに助けてもらおう

交通事故に遭ってしまったとき、一人ですべての手続きを行うのはおすすめできない行為です。やらなければいけないことがたくさんあり、法律の知識も必要となるので、交通事故被害者サポートネットの力を借りることを考えましょう。

専門家が完璧な手助けを行ってくれるため、『泣きっ面に蜂』という最悪な状況を回避できます。

「交通事故が起きた時に被害者が裁判を起こす方法」

相手側の保険会社は敵だと考えよう

保険会社というと、何か困ったときに手を貸してくれる素晴らしい存在だと認識しているかもしれません。しかし、それは自分側の保険会社のことであって、加害者側の保険会社のことではないです。加害者側の保険会社は、治療費や賠償金など支払う金額をできる限り低くしようと、あの手この手で交渉を迫ってきます。

頻繁に交通事故に遭っているのでなければ、もらえるお金の相場などは分からないでしょう。その状態で保険会社とやりとりをしては、加害者側の都合のいいように交渉が進む可能性があるのでとても危険だといえます。そのため、嫌な思いや金銭的な損をしたくないのなら、加害者側の保険会社は敵だと考えましょう。

やり込められないことを一番に考えて、交通事故を専門とする弁護士を用意することをおすすめします。しかし、多くの方は交通事故を専門としている弁護士の知り合いはいないはずです。適当な弁護士を選んでしまったのでは、もらえるお金の増額がそれほど望めないのに、結構な依頼料を取られてしまうかもしれません。

もしも、頼むべき弁護士を見つけるのが難しい状態なら、交通事故被害者サポートネットに相談してみましょう。交通事故被害者サポートネットに所属する弁護士ならば、交通事故に関する豊富な知識で保険会社と戦ってくれるので納得できる結果で終えられます。

ウェブサイトで依頼ができるか確かめよう

交通事故被害者サポートネットは大阪や兵庫など関西を中心に活動をしています。対応エリアに住んでいる方が交通事故の被害に遭ってしまい、自分の力ではどうにもなりそうもないのなら相談を持ちかけてみましょう。交通事故を専門とする弁護士が法律の力を使って、困った状態からしっかりと助け出してくれます。

もし、どのような活動を行っているのか詳しく知りたいのなら、交通事故被害者サポートネットの公式ウェブサイトで確認できます。交通事故の被害者ならきちんと相談に乗ってくれて、最善の解決方法を提案してくれることが分かるはずです。

ちなみに、物損事故は対応していないため間違って連絡を取らないようにしましょう。

まずは電話をかけて相談の予約をしよう

交通事故被害者サポートネットを利用するための第一歩は、電話をかけてスタッフの話を聞くことです。電話をかけただけで相談料金を取られるようなシステムではないので安心して連絡を取るようにしましょう。受け付けでは無料相談の予約ができるため、施設を訪れられる日時をはっきりとさせておくことが大切です。

電話番号は公式ホームページに載っているので、チェックをしておきましょう。ただし、24時間受け付けているわけではなく時間は決まっているため、確認して電話をかけることが大切です。もしも、受け付けの時間内に電話かけるのが難しい状況なら、いつでも送れるメールフォームが用意されているので、個人情報を入力して交通事故被害者サポートネットと連絡を取りましょう。

無料相談の時間を有効に使おう

無料相談の時間は無限に設定されているわけではないため、相談したいことがあるのなら事前にまとめておきましょう。自身の状況を正しく伝えることができれば、適切な提案をしてもらえる確率が上がります。もしも、きちんとまとめたうえで話すのが難しいならばメモを用意しましょう。

書いたものを読み上げるのもよいですし、弁護士に渡してしまうのもよいので、話すことが苦手な方にとってメモは必需品だといえます。ちなみに、事務的なことの質問など法律の知識がなくても答えられるものは、受け付けで聞いたほうが相談時間を無駄にしません。

弁護士費用についてはきちんと確認しておくこと

交通事故を専門とする弁護士に保険会社と戦ってもらえば、より多くの治療費や賠償金を獲得することができます。しかし、もらえるお金がアップしたとしても弁護士費用のほうが上回ってしまったのなら、金銭的な面では損になります。

もしも、損を避けたいと考えるのなら、弁護士費用について詳しく質問するようにしましょう。仕事を依頼しただけで発生する費用や無事に交渉を終えたときの成功報酬など、弁護士に支払うべき料金はたくさんあるので、すべて把握しておくことが大切です。

金額が決まっている場合もありますし、勝ち取った金額からパーセンテージで支払う場合もあります。どのような支払い方法だとしても、事前に教えてもらうことが可能なので、弁護士費用は契約する前に確認しておきましょう。

契約をしたのならあとは任せるだけ

サービス概要や費用を確認して納得したうえで契約をしたのなら、あとは弁護士が動いてくれるので被害者である自身は何もする必要はありません。もちろん、最後までしっかりとサポートしてくれるため、分からないことや不安なことがあるのなら遠慮せずに聞いてしまいましょう。

お金のことも治療のことも、交通事故に詳しい弁護士ならば分かりやすく教えてくれるはずです。つらい状況にあるのですから、交通事故被害者サポートネットの弁護士に頼って心と体の怪我を完璧に治してしまいましょう。

できる限り早めに相談をすること

保険会社は毎日当たり前のように事故の対応をしているため、事務的にどんどんと話が進んでいってしまう可能性があります。話が進んでからでは後戻りできなくなる可能性もあるので、できる限り早く交通事故被害者サポートネットに連絡するようにしましょう。

早ければ早いほど選べる対策方法が増えるため、被害者である自分に有利な形で話を進めてもらえるようになります。軽い事故だと思っていても、あとから後遺症が起こる可能性もあるので、甘く見ずに弁護士の力を借りるようにしましょう。

もちろん、最初からではなく保険会社との話し合いの途中で困ったと感じたときに、交通事故被害者サポートネットへ相談することもできます。法律の力を最大限に活用してくれる弁護士ならば、途中からだとしても任せられることが多いので気軽に連絡を取ってみましょう。

弁護士に頼まずに、そのままズルズルと自分の力だけで保険会社と交渉するよりもずっとよい結果になるはずです。

「交通事故防止のためにいますぐできる対策」

Posted on